03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

曲長のムダ話online2

喋るように書く。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

24耐始末番外編 ~暴食之段~ 

【前回までのあらすじ】
「SPLASH 24時間耐久BIG GAME 6回の裏」終了。
片付けを終えた漢たちの次なる目標は晩メシであった。
24時間、否定され抑圧され続けてきた彼らの食欲が、今まさに咆哮を上げる!
胃酸みなぎる24耐始末、ドロッドロのフィナーレ!!


「晩メシ何食べるー?」
装備品の整理をしながら、話題は夕食へと移行した。
シャワーを浴びた当方は、涼風に体を預けつつ、その欲求を脳内で細分化した。
・米食べたい
・すぐ食べたい
・近場で食べたい
「寿司!回転寿司!」
「おお。じゃあ寿司食べ行こうか~」
有難いかな、話はスムーズにまとまった。

○たる寿司
SPLASHから程なく近い立地にある、完全無欠の回転寿司である。
去年の年末だかに訪れたときは、ビントロのシャリがまるで乾し飯のように
パサパサ・・というかカリカリだった件があり、
その提供されるクオリティに不安が無かったかと言われれば、
確かにどこか澱みのような感覚はあったが、その時の当方にしてみれば
先の食欲3原則が懸念に勝っていたというのが正直な所であった。

駐車場。
分乗した車両より迅速に展開する外食部隊。その数20数名。
堂々の大所帯であった。
「寿司食わせぇ!」
「少々お待ちください。」
待機エリアへと通される我々。
連休の中日だったこともあってか、家族連れでテーブル席は賑わっていた。
が、ふと見るとカウンター席はガラガラである。
「カウンターでもいいよぉ~」
「少々お待ちください。」
言い放ち、テーブルの片付けを始める店員。
この時点で、数名が店外へと出、喫煙待機を選んだ。
「まず客を通してから片付けすりゃいいのにさ!」
「回せない奴をフロアに立たせるな!」
「アイツを寿司にしてやる!」
苛立ちに、店外待機中のひゅーずが繰り出すヘッタクソなパントマイム(※1)が
拍車をかけた。  wwww
元来、兵糧攻めは敵軍の戦意を挫く事を第一の目的とするものだが、
ここでの我々の荒れ狂いっぷりを見るに、
少なくとも今日に限って言えば完全に火に油であった。

やがて席へと通される我々。
何名かはテーブル席へと腰を下ろしたが、当方を含む大多数は
カウンター席に横並びとなった。
まるで電車のようなたたずまいである。
「よし!食うか!」
言うが早いか、幾多の手が目前にて周回運動中の皿を次々に襲った。
壮観である。
広辞苑の「引く手数多」という項目に挿絵を載せるなら、まさにこの構図であった。
カウンター席の下手に位置していた当方は、最初の数皿を取った時点で
もはや眼前を横切る物は皆無となった。
上手側の戦友が流れ来る寿司のことごとくを排除する展開に、
下手側の当方、たぁぼう、のりをメンは通過するメニュー表を
酌み交わされた茶の湯気越しに見送る不毛な時間を余儀なくされた。ww
「あ、玉子来たよ」
駆逐。
「あぁっ」
「トロサーモンきた~」
駆逐。
「んあぁ!」
罪人はいない。
互いの心境(空腹状況)を痛いほど理解し合ったこの場所に、罪人はいなかった。
当方は、注文を受けるインターホンを押す。
これだけが、仲間達の胃袋の尊厳を守りつつ、自らの欲求を満たす為の
唯一の手段であった。
「すいません、マグロと、エビと、トロサーモンと、」
「あ、俺もマグロ」
「俺も~」
「すいません、ご注文は1回につき5皿までとなっております」
ここでもか。
ここでも待ったがかかるのか。
1回で5皿なら、何回でも押してやるまでよ!!
間髪入れずに押されたインターホンの呼び音は、暫時、放置となった。
見ると、カウンター席はもちろんのこと、テーブル席に座った仲間の
インターホンも、すべからく呼び出し中であった。
相変わらず、正規のルートで寿司は回って来ない。
当方は、かろうじて戦火をくぐり抜けて来たチョコケーキすらもその手にかけた。(2個w)
「握らんかい板さん!!」
「ネタが無いなら今すぐ釣ってこい!!」
と、ひとつの事柄が脳裏をよぎる。
ハナマサ事件(※2)である。
思えば、あの時の我々の暴れっぷりと今回には、共通点がある。多々ある。
いくら許された客の権利であるとはいえ、来店中の客1人1人に対する
商品の供給率と、そこから返される店側の評価(満足度・リピーター率など)を
トータルとして考えた時、
我々の存在は○たる寿司にとって「癌」以外のなにものでもなかった。
転ずれば、彼らがその判断に至った場合、店側の何らかのアクションが
たちどころに現出する可能性は限りなく高いものとなった。
と、先ほどの注文が流れてくる。
「わーい。エビだぁ」
当方は、嬉々として一カンを口に放り込んだ。

衝撃。

これが「トムとジェリー」であったなら、当方の目は顔から離れて飛び出し、
「ギョエーー」とか言いながら水を張ったバケツに頭を飛び込ませたろう。
全身を貫くワサビの衝撃に、当方の眼からはとめどない涙があふれる。
パサパサライスが信条の〇たる寿司だけに、涙おとしてほとびにけれとでも言うのか。
皿上に残った一カンを見ると、あふれんばかりのワサビがシャリを覆い尽くしていた。
見た目として、もはや寿司とは言えなかった。
例えるなら、そう、「ずんだ餅」
緑色のモコモコの上に寿司ネタが鎮座する創作料理であった。
隣席に座る当部隊の戦場シェフ、散弾料理長に問う。
「(ゴホゴホ)これ、どうなの??」
「非道い。」
外食産業の義務を放棄した、○たる寿司黄金の一手に、我が食欲は完敗した。

2007年10月7日。
店を後にした我々の誰一人として、「また来ようね」とは言わなかった。
だが、我々はいつかまた、ここを訪れるであろう。
なぜなら、

「ネタとして非常にオモシロイ」からである。www


※1 題目「エスカレーター」
   
※2 これまたSPLASHよりほど近い「○エヒロ」のしゃぶしゃぶ食べ放題にて、
   肉牛の新規屠殺を要請するかのごとく食い荒らした我々に対し、
   まるでハナマサの安売り肉のようなあからさまに低クオリティかつ、
   しゃぶしゃぶ用としては絶望的に厚切りな肉が提供され続けた事件。
スポンサーサイト

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

24耐始末 ~昇華之段~ 

【前回までのあらすじ】
めくるめく激闘の最中、当方の眼前を暗黒が支配した。
バネ、轟沈!!
眼に「弾幕」の輝きを。耳に「砲声」のささやきを。
超弩級サバゲジャンキーの祭典、SPLASH24耐、いよいよ終結!


ランランランララランランラン・・・・
聞こえる。どこからだろうか。
4歳
「取ってぇ!! あのビッグワンガム取ってぇ!!」
「うるさい! 欲しかったら自分で取れ!!」
小5
「コルトパイソン欲しいんですけど」
「親と一緒に来ないと売ってあげられないよ」
高2
「このエアガンいくらしたん?」
「4万」
23歳
「サバゲのチーム作ろうか」
「いいねぇ」
先週
「仕事とサバゲとどっちが大事なんですか?」
「サバゲ」
あぁ、そうか。そういうことなんだな。
暗闇だが、迷わなかった。
確固たる次の一歩を踏み出すに必要な道標は既に握り締めていた。
それが、僕の「原点」だ。

飛び起きる当方。
と、膝下を奪われたかの感覚にバランスを崩した。
「あ、起きた起きた」
「生きてたんだ」
「さっき、写真撮られてたよ」
自分なりに、けっこーヤバいぶっ倒れ方をしただけに
ちったぁ心配せんかい~!とも思ったが、まあいいや。><

前線は、変わらずフィールド中央から若干ゲリラ本陣寄りの位置であった。
戦闘終了間際。ここから大々的にラインが動くことはもう無いであろう。
やがて、ゲリラ兵によるバンザイ突撃が始まった。
「ゲーム終了30分前ーー!!」
中央バンカー近く、ブッシュ内からの撃ち下ろし。
くぼ地に飛び込むゲリラ、小屋に取り付くゲリラ、斜面を駆け下りるゲリラを捉え続けた。
敵意に非ず。それぞれの勝利が相容れないものであったとはいえ、
共に同じフィールドで戦い合った者にそんな感情は沸くはずもない。
撃鉄を落としたのは、紛れもない「敬意」であった。
終了5分前、当方の弾は尽きた。


サバゲではない。
本陣に向かう林道の途上で、当方は一人、そんな事を考えた。
カウントダウンが聞こえる。
「・・5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・0!!!」
炸裂音と同時に、地鳴りのような歓声が沸きあがった。
サバゲではない。
なぜ今、自分がここでこうしているのかを説明するなら、
そこにサバゲがあるからではなかった。
「お疲れーー!!」
「大将お疲れ!!」
幾多の戦友達と肩を叩き合い、握手を交わす。
サバゲではない。
例えば、これが釣りであろうと、パチンコだろうと、草野球だろうと、
何であろうと当方には構わなかった。
閉会式、即日結果が発表され、我が多国籍軍(連合軍)が
念願の初勝利を収めた。
「次は巻き返してやるぞ~」 byゲリラ大将
「家に帰るまでが耐久です!!」 byフィールドマスター
「ハイサイ!ハイサイ!」 by景品獲得者ほか参加者一同
サバゲではない。
夕暮れの中、一人また一人とフィールドを後にする。
「またやりましょう!」
この言葉が、何の違和感も無く胸中に染み込んだ。
サバゲではない。
だが、当方はサバゲが好きである。
何故か?


「じゃあ片付けしようか」
空を染める蒼から朱へのグラデーションに、一陣の風が漢たちの間を吹き抜けた。


問いには、こう答えよう。
「この素晴らしき野郎共と当方を繋いでいるのが、サバゲというアソビだからだ。」と。

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

24耐始末 ~臨界之段~ 

【前回までのあらすじ】
ついに革命政府軍(ゲリラ)本陣間近まで前線を押し上げた多国籍軍(連合)。
攻めきるか、守り通すか。
早朝のフィールドに戦士達のプライドが火花を散らす中で、
終幕へのカウントは確実にその時を刻んでいた・・!


死闘。
そんな言葉がしっくりと当てはまった。
WESTとの境界付近、革命政府軍が最終防衛ラインと定めた戦場の一線を巡って
儚くも雄雄しき幾多の輪廻が絡み合っているかのようだった。
押しては押し返され、また押し戻す。
両軍が状況打開の決定的要素を手繰り合う中で、ただ陽光だけがその角度を変えていく。

「WESTに入れない・・!」
次々に湧き出す敵兵に、焦りとも言える感情をおぼえつつ、舌を巻いた。
あと数メートル、連合が戦線を押し上げたなら、
ゲリラのブロークンアロー発動は確実であった。
しかし、B地点付近に展開した連合軍部隊がその射程にゲリラ本陣の一部を
とらえている状況下にありながら、
A地点からの侵攻を目論む我々の前には止め処無い敵の増援が送り込まれた。
その根源が果たして自負心なのか執着心なのかはわからないが、
ただこの時の状況をそのままに受け止めるなら、
「土俵際の粘りが段違い」であった。
どこまでも切れることのない敵軍の集中力に、猛攻による総崩れを
期待していた自らの浅はかさを知った。
やがて連合は、前線をAからCに後退させられる。
掴みかけた栄光が再び霧中に没した心持に、ゲリラの底知れぬ闘気が戦慄の2文字を添えた。

「ヒット!!」
立ち上がり、本陣へと歩き出す当方。道すがら、巻き返しを模索した。
「まだ時間は残ってる。まだ終わりじゃない。」
が、言葉とは裏腹に突如として足取りが重かった。
ふと気付くと、完全にフィールド外の林間で無数のキノコに囲まれていた。(マジで
24時間。
前日の朝、起き抜けにラジオ準備などを始めてから、ちょうど24時間であった。
当方は、笑うキノコを掃射し、ほうほうの体で本陣へと逃げ帰った。

考えてはいけない。
出所不明の強迫観念に、当方はすぐさま給弾、再出撃の準備を整えた。
「おつかれ!」
声に顔を上げたが、ぐにゃりと曲がる視界の中でそれが誰なのかわからなかった。
「まだ押せるよ!頑張ろう!」
そう応えたと思う。
「ゲートオープン3分前!!」
当方は、巻き上げたマガジンを手に、放り出した愛銃を拾おうと立ち上がった。
いや。 立ち上がろうとした。
























ブラック・アウト




「○○ラッシュ、疲れたろう・・?
 ボクも疲れたんだ。 なんだか、とっても眠いんだ・・・・」

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

24耐始末 ~軍気之段~ 

【前回までのあらすじ】
後半開始直後、大攻勢をかける多国籍軍(連合軍)。
そのはるか後方で、「陣地交代したらもう隊長の出番無いよ」という台詞を鵜呑みにして
おねむの準備を始める当方。
激動の24耐、いよいよ佳境へ!!


「さて、じゃあバネ隊長にはたぼ隊の増援に行ってもらおうかな。」
耳を疑った。振り向きざま目線をやると、声の主、白いおとうとがほくそ笑んでいた。
「ちょっと!3時から俺は休憩だって言ってたじゃんよ!」
言うと、ふいに白いおとうとの顔が曇った。
「普段ゲームやってないんだから、こんな時ぐらい・・・」
あまりな展開に、すがるようにあ~る氏に顔を向けたが、そっぽを向かれた。w
「カミさん楽させたけりゃ、自分が苦労しないと。」
は、謀ったな!!!
当方はM14のスリングに腕を通し、前線へと駆け出した。
「俺は独身じゃああぁぁぁ」

たぼ隊に合流すると、連合はC小屋~サイゴン手前でラインを構築していた。
H地点スタートであったことを考えると、見事なまでに敵戦力を押し込めている。
が、ここで戦況は一時的に膠着した。
光である。
斜面を横切る形で断続的に設置された夜間照明が、連合・ゲリラにとって
絶対の境界線となっていた。
彼我共に、照らし出されたステージに敵兵が侵入する度、トリガーを引いた。
もどかしく消化される時間の中、無線からは幾多の指示、状況報告が聞こえる。
と、その中で、作戦本部より各隊へ「現状確保」の指示が出される。
この状況での火力に頼るラインの押上げは、自軍被害の方が多いと踏んだのであろう。
それに対し、勢いをそのままに敵陣への突撃許可を求める声が現場より挙がる。
当方は、無線に耳をすました。
明暗を分かつ、戦場の転機がここにあった。
しばしの空白の後、本部の決定した指示が通達される。
「夜明けとともに前進を開始せよ。あと20分の辛抱だ!」
あくまで夜間照明の無力化を待つ内容であった。
ゲリラに比べて補給線が明らかに長い以上、無駄な死に兵は一人たりとも
出すことはできないという判断か。
すなわち明け方の強襲は、敵に対してのはかり知れない脅威の代償として、
その作戦運用はまさに薄氷を踏むかのごときデリケートさが要求されるのである。

夜明け。
無線からのカウントダウンを合図に、潜む銃口が一斉に火を噴いた。
敵兵を駆逐し、前進する連合軍。
やがて先鋒はそれぞれA、B地点に到達。
遂に革命政府軍の最終防衛ラインを挟んでの攻防となった・・・!!

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

24耐始末 ~原理之段~ 

【前回までのあらすじ】
獅子奮迅の戦いぶりを見せる連合兵士たちの陰にかくれて、
流れが掴めず三味線弾きまくりの当方。(ごめん><
深夜2時すぎ、陣地交代によってH地点奥に本陣を移設。
漆黒の闇の中で大攻勢への気炎が唸りを上げる。


過酷だった。
毎度の事と言えばそうかも知れないが、それでも、今回は過酷だった。
普通に社会生活を送る中で、24時間ぶっ通しで何かをするなんてことは
そうそう無いであろう。それに加えて24耐は、
重装備にて戦闘状態にある訳であり、
食事の量や種類はかなり限定されてしまう訳であり、
睡眠中でも敵の襲撃にさらされる危険がある訳である。
しかも今回に関して言えば、
・全員マジ
・べらぼーに寒い
以上2項目が追加されるという感涙モノの展開であった。
これを過酷と言わずして何が過酷か。
当方は、今にも崩れ落ちそうな全身に力をこめつつ、ウィダーインを絞り上げた。

明け方というのは、どうしても出足が鈍りがちなものである。
陣地交代による荷物の移動を終えて、空が白々しくなり始めると、
それまでの緊張感はいともたやすく弛緩してしまう。
我が連合は過去に2度、そのスキに敵軍からの猛攻を受けていた。
「ゲリラ、なんでそんな元気なの??www」
兎に角、前半戦をほぼ互角で折り返すことに成功した連合は、
後半開始から早朝まで、敵味方を問わず多数の兵士が休息を求めるその時間に
一大反攻作戦の狙いを定めた。

AM3:00前 H地点多国籍軍(連合軍)陣地ゲート前
「後半開始1時間で全てが決まる!頑張ってくれ!」
「応!!」
作戦参謀に返す連合兵士一人一人の声に、澱みは微塵も感じられなかった。
当方は、可能な限り声をかけて回った。
「頼んますよ!」
誰もが、埃まみれの顔で優しく笑った。

「スタートォ!!!」
後半戦開始の報に、牙を剥く群狼が房総の山中へと解き放たれた。
前半とはうって変わった能動的作戦行動に兵士達の士気が上積みされる。
もはや趣味ではない。この場にいた者にのみ理解し得る原動力があった。
遠ざかるソールの音に、当方は昨夜に聞いた誰かの言葉をつぶやいた。

「デストロイ。」

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。