04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

曲長のムダ話online2

喋るように書く。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ゲーム小僧の魂は消えず 

最近ひそかに増殖中の「ビデオゲーム・バー」に行ってきた
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=430308&media_id=35


む、行ってみたいなコレ。

夜通し酒を飲みながら古今のゲーム話に花を咲かせ、
居合わせた達人のウルテクに舌を巻き、
当時はクリアまで行き着けずに諦めた幻のEDを目の当たりにし、
そしてまた、笑い合い、酌み交わし合う。

はっはは。まるで秘密基地(千葉某所)じゃねえか。ww


ところで、当方にはひとつ心残りがある。
ビデオゲームじゃなくてPCゲームなんだが、
何度やってもクリアできなかった物があるのだ。
例えばそれが「テグザー」とかであったなら、
「別にEDなんざ見たくもねーよ」と放り出してしまえるのだが、
ここでのそれは、そこはかとなく終着への魅力をかき立てられておきながら、
何百回という当方の突撃をかわし続け、結論としてかわしきった、
難攻不落の城塞なたたずまいを見せるゲームであった。

閲覧諸氏は知っているか。
社会派ゲーム「天安門」を。
当方は確か、X68000だかでこれをプレイしたと思う。
FC「バトルシティー」みたいな直上俯瞰の固定画面で、
画面下辺に天安門がある。
自機は戦車であり、画面上辺から天安門を目指して殺到する人民を
機銃、主砲を用いて撃ち殺し、無限軌道で轢き殺す。
とにかく天安門に誰一人として到達させるなという、
ヒジョーにわかりやすい内容であった。

屠るたびに、「ぐええ」「ぎゃ」「んみゅ」といった悲鳴をあげて
路上に四肢を飛散させる敵だが、何が恐ろしいって、
その死体が消えることなく表示され続ける点だろうか。
死体を死体で上書きしまくるこの無常感。
プレイ開始後数分で路面が見えなくなる地獄絵図になるのは誰しも予想できるかと思う。

でだ、クリアできなかったのには理由がある。
条件となる、鎮圧されるべき敵(人民)の数なんだが。

999999999人!!www

世に鬼ゲー、ムズゲー、マゾゲーといった類は数あれど、
これはもう完全に「無理ゲー」と言える。
しかも、流石は人民の力とでも言おうか、
中にはえらい足の早い奴もいたりして、何度トライしても天安門を守りきれぬ。
同じ社会派ゲームで「校則厳守」というのがあり、
こちらは校門を操作して、
「遅刻してくる生徒(1000人)を校門で挟んで殺す」という内容だったが、
これをクリアできた当方にしてみれば、天安門の高難度はもはや完全に
挑戦というか挑発としての風情があった。


あれから15年。
懐かしいのは、ゲーム内容の云々ではなく、
べらぼうに高い壁を、越えられるものとして挑み続けた自らの気概である。
果たして今の当方は、自分に対してそこまでの可能性を信じられるだろうか。
心残り、と書いたが、
それは多分、あのゲームを諦めた瞬間、
自力の到達点を甘受した時の自分に向けられたものであるかも知れない。

もし今、ここに「天安門」があったなら、当方は挑むだろうか。
そう考えた時、少しばかりの笑みが漏れる。
とうの昔に消えたと思っていた気炎のくすぶりに、
熱を帯びる心中を自覚するからだ。


いつか絶対クリアしてやる。
スポンサーサイト

category: その他ゲーム

cm 0   tb 0   page top

ただいま狩猟中 

てことでモンスターハンターフロンティア(MHF)の話である。
興味の無い閲覧諸氏はやはりTVでも観てるといい。


シーズン2.0ということで、「棘竜 エスピナス」とやらが狩猟解禁に
なったので行ってきた。
まず、遭遇してビックリ。
寝てやがる。
とりあえずPT全員で手荒いモーニングコールを入れると、
のっそり起床。 で、キョロキョロ。
「朝に弱いのか?」と思いつつ斬りつけるも、なかなか硬い。
部位によっては青ゲージでも弾かれる。
しかしまぁ、行動自体はノロいので、なんかグラビみたいだなと思いつつ
攻撃を入れる。 


と・・


皮膚が紅潮して怒った途端にエラくアクティブになりやがった。
で、いくつかの行動で毒を盛ってくる。
当方は初見であったので片手剣で行ったのだが、
悲惨だったのはランスで臨んだ2名である。
多段HITが発生する突進に削られまくって、往復ビンタ状態。
怒り状態では肉質が若干柔らかくなるみたいだが、
移動の遅いランス系はそれなりのスキルを付けねば難しかろう。
中途半端な距離をとるよりは足元に入ってしまった方がいいと思われるので、
やはりここでも鬼人双剣が重宝するか。
上方修正された大剣で尻尾、翼あたりを削りつつ一撃離脱、
ハンマーでいつものスタン、
あとは双剣の乱舞でフィーバーという戦法になろうか。

噂のマイトレは、なんかネェちゃんからアンケート取られただけで
あとは茶を濁されたw
明日あたり動きがありそうだな。

センショク草にいたってはまだ取りに行ってもいない。
とりあえずエスピナスを踊らせてからあらためて行ってみるとする。


ともあれ、久しぶりでホネのある相手である。
装備はあまり興味無いが、少なくともヴォルガノスよか好きな相手だぞw
以上、MHFシーズン2.0速報(?)である。

また会おう!!!ノシ

category: その他ゲーム

cm 0   tb 0   page top

GTO 

といった所で、三菱車でもなければオニヅカ先生でもない。
「ガンダム タクティクス オンライン」である。

1月いっぱいは無料期間だってんで、ちょいと登録してみた次第。
もちろんジオンで。
ゲームを簡単に説明すると、
「自分の部隊を編成して戦場に投入する」
これだけ。
自軍ユニットと敵軍ユニットは、戦闘が開始したらば自動的に戦う。
プレイヤーは戦闘中に何をすればいいかと言うと、
部隊編成時に定めたアイテムや、パイロットの特殊能力を
タイミングに合わせて発動するだけである。
つまり、勝敗のカギを握るのは「部隊編成」という個人作業の占める所が大きい。
まぁそれをもって「毎日短時間でも気軽にできます」って言ってるんだろうがな。



【以下、愚痴になります。】



勝てねえよ○ァッカー!!!
いくら自動的に戦うったって、敵小隊の真正面からドタドタ走って接敵を
試みるもんだから、初弾、次弾、第三弾と的確に喰らってんじゃねぇか。
その行動のどこがタクティカルだ。
で、オート戦闘にありがちなユニットのオタオタ具合。
十字砲火を浴びながらボックス踏んでやがる。やる気あんのか。
彼我共に、当たらない格闘攻撃を連発して時計回りにクルクル回る様は
まるでフォークダンスである。

あと、これは多分に個人的な主観になるが、
モビルスーツの性能差がちょっとひどくないか。
舞台が一年戦争であり、木馬が北米に降りた直後という時期を考えれば、
まだ全体的な戦力としてはジオンが若干、押しているハズである。
いくら補給線の問題から戦力が分散していたとしても、だ。
当方はてっきり、61式とかフライマンタとかとの戦闘になると思っていたのだが、
実際はガンキャノン、ガンタンク、Ez-8とかがボロボロ出てくる。
本来ならジオンのジャブロー侵攻に前後して登場のジムですら、
ビームスプレーガン持ってホイホイ参戦するしな。
ひきかえこちらはプロトタイプ・グフ一機を編成に組み込んだだけで、
部隊編成コストが干上がってしまうこの体たらく。
さらには「フォーメーション」なんて概念が存在しないことから、
速いユニットと遅いユニットが気ままに前進するので陣形が縦に伸びる。
最悪だ。最悪な戦闘だ。
あえて言おう、カスであると!!!
実際、開戦(正式サービス開始)からここまで、連邦とジオンの勝利比率は
7:3である。 これはゲームとしてもあんまりではなかろうか。

とりあえず、バンナムにおいては、ガンダムの世界観はもとより、
戦略・戦術についても一から勉強し直すことを強く勧めたい。
お話にならない。
ちょっと「ガンダム」というキャラの上に胡坐をかきすぎてないか?
「勝つためには課金して有効なユニットを手に入れてください」
という考えはもはや完全に通用しないと断言しておく。



さて、まぁそんな感じで当方の愛する稀代のロボットアニメに
思いきりミソ塗られた訳である。
既に登録は抹消したのでこれ以上GTOに関して言及することは無いと思うが、
何と言うか、また「ガンダム貯金箱」が形を変えて出てくるんだろうな~と思うと、
いちガンダム好きとして暗い気分になってしまうのである。

嗚呼、魂胆が見える・・・

category: その他ゲーム

cm 0   tb 0   page top

仮想生活感 

市場価値がうなぎ下がりのPS3だが、
グランツーリスモHD(だっけ?)体験版のグラフィックは凄かった。
セリカを転がしつつ、つい景色に見とれてギャラリーに突っ込む始末である。
GT4ではデロリアンだとかスタリオン4WDだとか、
個人的に「一度は乗ってみたいクルマ」がラインナップされていて嬉しかったが、
GT5では是非、そのあたりのハバを広げてもらいたい。
新型車ばかりじゃどうもね^^;
フジキャビンとかで富士スピードウェイを走ったらどうなるか。
ストレートで煙草一本ぐらい吸えるかも知れんなww
そうそう、あとフォトモードの時はドアの開閉を選ばせて欲しいぞ。

カーライフシミュレーターなどとジャンル分けされるGTだが、
よくよく思えば、当方は昔からシミュレーションと名の付くゲームを
好む傾向にある。 いろいろあるけどね。

たとえばコーエーの三国志シリーズなどはかなりやりこんだ。
敵対勢力の君主に対し、火の出るような誹謗中傷を重ね、
所属する武官・文官の忠誠度を地に墜としつつ金で手なずけ、
そのことごとくを戦わずして引き抜く、名付けて「永田町三国志」。

当方「劉備は裏で私腹を肥やすことに熱心と聞く。」
関羽「それはまことかっ!?まさかとは思うが・・・」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
当方「金は多くあって困るものでもあるまい。収めておいてくれ。」
関羽「おお、それがしにこのようなお心遣いを・・・」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
当方「そなたを我が陣営に招き入れたい。」
関羽「それがしも今の君主には不満を抱いていた所。よろしくお引き合わせ願おう。」

もう夢も希望も無い。w 
桃園の花は散ってしまったようだな。(マネーパワーの前に。)
このやり口は、うまくすれば後漢末期から中華統一まで、ただの1度も
戦いらしい戦いは発生しない。
まぁラストに、ただひとり残った最後の群雄が統治する一国と対峙するのだが、
たいがいが年老いている為に、人間が丸くなって血の気が無い。
勝敗を分けるのは、互いの「寿命」である。

X-BOXの「鉄騎」も好きだった。
知らないという閲覧諸氏はググってみてくれ。
やはりシミュレーション要素がある以上、当方は頑としてあの「脱出ボタン」の
カバーを開けっ放しでプレイしたりはしない。
撃破されることを前提に出撃する訳ではないからな。
思えば購入当初は、
カバー開ける→ボタン押す
の反復練習を延々と繰り返したものである。

ところで、ふと思い出したのだが、
ディスクシステムのゲームで、
「ウルトラマン2 出撃科特隊」
というのをご存知だろうか。
シミュレーション・・・というか、まぁ、ビミョーなゲームだったのだが、
当時小学生であった当方には、なんともセンセーショナルな内容であった。

怪獣が出たってんでビートル(戦闘機みたいなやつね)で出撃するんだけども、
たまに撃ち落とされちゃう訳。
で、ビルとか障害物に墜落すると、表示されるカタカナ文字。

「フショウシタ」

がっはははははははははwwwww
負傷するんですよ。一丁前に。
いやね、空き地とかに墜落すれば、爆炎の中から隊員がスタスタと歩いて出てきて
職務継続するんだけれども、(それも凄いが)
流石にビルとかに突っ込んじゃうとその限りでは無いらしく。
で、別の隊員で再度出撃しようと本部に戻ると、
負傷した隊員の欄に表示されているカタカナ文字。

「ニュウインチュウ」

これ。この無常感。
何が芸が細かいって、墜落の仕方によって全治までの期間が変わるフシがあるんですww
そして退院→快気祝いもそこそこに出撃→撃墜→入院の流れ。
社会とは、かくも厳しきもの也。

とにかく、GT5も「カーライフ」シミュレーターを自負するなら、
仕事や家庭や健康の要素を取り入れるべきである。
車検とか、家族サービスとか、急な体調不良とか。
・・と言ったところで、収入問題を実際に取り入れた、
○ービーオーナーズクラブオンラインへの批判が頭をよぎった。
「競馬ができねぇよ!!!」

前言撤回。気楽に行け。b

category: その他ゲーム

cm 0   tb 0   page top

狩猟生活続行中 

さて、たまにはモンスターハンターフロンティア(MHF)の話でもする。
興味の無い閲覧諸氏はTVでも見てるといい。


すでにHR99になって久しい当方だが、実はと言うか何と言うか、
いまだに祖龍と戦ってない。ww
紅龍も、配信直後に2回行ったきりである。
いやなに、当初は連戦も考えていた訳だけれども、
やれ「火事場をつけろ」だの「カホウにしろ」だの「双剣お断り」だのと
ずいぶん指定があるようなので遠慮した次第。
よくよく思えば、ドス時代でもルーツ系装備は作ったけど着なかったしね。w
ニーズが無いなら、無理して見栄えの悪いガンナー装備を作ることもなかろうて。

で、そんな当方が最近気に入っている装備がある。
元来ディア好きであり、当然の如く全身ディアS装備を愛用していた訳だが、
この度、次世代普段着を作成し申した。^^v
またもや見た目重視装備なので、求人区での着用は慎重にしてるがな。

武器 紅蓮銃槍
頭  オウビートテスタ
胴  アカムトウルンテ
腕  ドラゴンクロウ
腰  アカムトイッケク
脚  ドラゴンフット

発動スキル(装飾品込み)
 高級耳栓
 斬れ味ゲージ+1
 防御+20
 麻痺半減
 気絶半減

といった感じだ。
アカムとオウビートは見た目の相性が非常に良い。^^
カブト虫チックなシルエットを黒を基調にまとめて、武器はガンランス。w
紅蓮銃槍、スノウギア-ドライブ、ガンチャリ等、機械的デザインの獲物を愛用している。^^

さて、団員の稼働率が3割程度に落ち込んでいる我が猟団だが、(泣
リファインアップデートを経たことで何人かが返り咲いてくれた。w
いろいろあるけど、やっぱりアイテムボックスの4ページ拡張がよかったみたいだ。
使い勝手の面でまだ改良の余地はあるみたいだが、現状としては充分にありがたい。
今後の展開に期待といったところであろう。

そうそう、猟団クエのゲリョ亜種&フルフルだが、
メイン報酬に霜降りとか乗ったりしていて、なかなかオイシイぞ。^^
てことで、今から団員連れて行ってくる。w

なんかまとまりのない内容になったが、たまにはこんなのもよかろう^^ノシ

category: その他ゲーム

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。