05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

曲長のムダ話online2

喋るように書く。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

なんとなくレジスタンス 

どうも風邪をひいたっぽい。

涙はボロボロ出るし、鼻水だってズビズバ出る。
計ってないが、たぶん熱も38度ぐらいはあるだろう。

だけど会社は休まない。
貴重な有休を、ワケのわからんウィルスの為に浪費するなど、
とてもじゃないが承服できる事ではない。

「ちょっと暴れさせてもらいまーす。キツかったら勝手に休めば~」

なめんなよ。
当方が有休を発動するのは、当方が100%納得した予定に向けてのみだ。
鼻にティッシュ詰め込みながら仕事してやる。


昔からそうだった。
直接関与できない外的要因に、スケジュールを左右されるのが
何より腹立たしいのだ。

だから当方は、
風邪でも働くし、雨でも布団干す。
台風でも遊びに出るし、豪雪でもアイスを食うのだ。

今日はこれぐらいで・・・(ゴホゴホ
スポンサーサイト

category: その他の主張

cm 0   tb 0   page top

ヤケクソ感の裏側で 

日記の毎日更新がかれこれ130回を超えたっぽい。
当初、「毎日更新を続けることで辿り着く地平とは」というコンセプトで
一念発起した訳だが、そろそろネタに詰まりそうな気配である。w
仮にこの日記が千回、一万回と続いたとしたら、
その時、当方は一体どんな題材を取り上げているだろうか。
「箸がころげた」
とかもネタにせにゃならん日が来るのだろうか・・。


ところで。
「千」「万」とくれば、続くのは「億」「兆」である。
命数法って奴だな。
「兆」の次は「京(けい)」で、
オーラスが「無量大数(むりょうたいすう)」であることは有名だが、
その無量大数のひとつ前のケタの呼び名をご存知だろうか。

聞いてビックリ、「不可思議(ふかしぎ)」である。www

いやさ、普通に考えて「不可思議」はないだろう。w
まったくヤケクソとしか思えん。
なぜこんなアホな呼び名がついたのか、
今日はそのへんをちと予想してみようと思うぞ。


~馬撥条的妄想劇場「ある村の会議」~

村長「今日、皆に集まってもらったのはほかでもない、桁についてじゃ。」
村人「おおー」
村長「百、千、万なぞは普段から親しんでおると思うが、
   今日はさらにその上の呼び名を決めたいと思うぞ。」
村人「しかし村長、そんな大きな桁、ワシらには一生
   使うことなど無いんじゃなかろうか。」
村長「うむ。それはワシとて同じじゃ。 じゃが決めてさえおけば
   イザという時の心のゆとりが違うじゃろう。」
村人「なるほどのう。」
村長「という訳じゃ。皆の衆、忌憚の無い意見を頼むぞ!」
村人「兆!」
村人「京!」
村長「うむ。よい感じじゃ。他には無いか?」
村人「垓(がい)!」
バカ「不可思議!」

絶対いるんだよこーゆー奴!!!!!!!
今で言うKYって奴だ。
で、たぶん村長はコイツは無視してどんどん呼び名を決めていったと思う。
でもコイツは諦めずに、終始「不可思議」を連呼していたハズだ。
KYであると同時に粘着質な奴だったんだ多分。
一番タチの悪いタイプだな。
で。

村長「ふむ、阿僧祇(あそうぎ)、那由他(なゆた)、・・と。」
村人「村長、そろそろ無量大数でいいんじゃなかろうかのう。」
村長「そうじゃのう・・ 欲を言えば、あとひとつ欲しい所じゃが・・」
村人「そうは言うてもワシらもうネタ切れじゃあ」
村長「やむを得ん、妥協するかの・・。」
バカ「不可思議!!!!」



それでいいか・・・
 
                     ~完~


な?
絶対これが真相だよ。根負けだったんだ。
でも多分、このKY野郎は人間的にそんなに悪い奴じゃなかったと思う。
もともと算数が苦手だったりして、
なんで円周率はいつまでも割り切れないかとか、
1/3円って実際はいくらなんだとか、
そういった数字に対する想いをそのままに発言したんだと思う。
その辺りは、高校時代の全国模試の数学において、
下から40位という低成績をマークした当方にはよくわかる。
ピュアな奴ほど、周囲からあらぬ誤解を受けるものだな。
あ、あれ、なんか涙が・・


結論!!

 不 可 思 議 を バ カ に す る な 


ノシ 

category: その他の主張

cm 0   tb 0   page top

国民総機動刑事化計画 

一昨日だか、当方の実家の前の路上で深夜、怒声が響いたらしい。

当方はそのとき実家にはいなかったのだが、我が母親の弁によると
深夜の2時頃、
「謝れ!! おう!! 謝れよ!! 開けろ!!」
という、若い男が誰かに向けて発している声で目が覚めたらしい。
聞けば、かなりなケンマクだったらしいのだが、母親はそのままベッドで
うるさいな~と思いながら、静かになるのを待っていたとのこと。
当方が「それはもう通報してよかったんじゃないの」と言うと、
母親は「そんなコトして逆恨みされても怖いじゃない。」ときた。
ちなみに親父はその時、元気に爆睡中だったらしい。 ううむ。

強盗殺人のニュースとかでよく聞くのが、
「付近の住民が言い争う声を聞いており~」とか
「女性の悲鳴を聞いたなどという情報もあり~」とかいったワードである。
うん。何て言うかね、

通 報 し ろ よ ! ! !

と。
異変に気付いておきながら、何らアクションをとらないのは現代人の
悪いクセだ。
やっぱりアレか、当方の母親が言うように、なまじっか首つっこむと、
それに対する報復のほうがおっかないのか。
そりゃ毒ガスばら撒いて国家転覆を画策した一味の首謀者に極刑を言い渡す
程度の裁判でも、すごーーーーく慎重になるヒューマンタッチな司法だからな。
ホイホイ仮釈されて、そのスキに思い切り仕返しされても、
警察が動く頃には自分は三途の川を渡っているだろうし。
無理もないと言えばそうかも知れん。通報しても得が無い。><;

昨夜のニュースで、岡山あたりで以前に起きた少女殺害事件の捜査のその後が
特集されていたのだが、いまだ犯人像の見えない中で、
事件前後に不審者を目撃したという、ちょっと有力っぽい情報が
番組内で伝えられた。  ・・が。
報復が怖いとかなんとかで、情報提供者の容姿は明かされず、
いつものピッチ変えた音声のみでの出演という展開。

うう・・・ ><

まぁいいんですよ。別に。 ボクはアナタを直接警護できないし。
しかしあえて言わせてもらうなら、
こうしたスタンスが犯罪者を増長させるんじゃないかとも思う訳だ。
われわれ一般庶民が、ただ怖い怖いと怯えているだけでは、
いつまで経っても「ずっと凶悪犯のターン」である。
個人で立ち向かうのが恐ろしいなら、
たとえば家族ぐるみ、会社ぐるみ、地域ぐるみ、町ぐるみで
凶悪犯に対する積極的なリンチ、露骨かつ日常的な迫害を推進しようじゃないか。
犯罪を「後々まで」決して許さない町づくり。これが肝要なのである。
とりあえず司法もな、別に懲役は何年でもかまわんから、
ヤバそうな事件起こした輩にはすべからく、
2度と摘出できないような肋骨の裏側とかにGPSでも仕込ませとけ。

ともかくだ、いつか当方が政権を取ったら、
「基本的人権が適応される最低条件」を盛り込んだ憲法改正案を
衆参両院で可決させるから、それまでは、

「あらゆる事件に自由に介入!!」

を合言葉として、官憲に任せきりになることのない防犯活動の個人的展開を
閲覧諸氏に期待するものとしたい。

category: その他の主張

cm 0   tb 0   page top

ださい生活 

ここのところ、食事にあまり気を使っていなかったので、
これはイカンと思い、「カゴメ 野菜生活100 紫の野菜」などと
言うものを買ってきて飲んでいる次第。
まぁ気分だよ気分。

写真


結構、違和感無く飲めるのなこれ。 美味い美味い。
飲みながらふと思ったんだが、
「紫の野菜」。

Deep Purpleが「harvest」とかいうタイトルの
アルバムを出したりしたら、邦題「紫の野菜」とかになるのだろうか。
となると、KISSだったら「地獄の野菜」であり、
スティーブン・セガールなら「沈黙の野菜」とかになるわな。


セガールか・・・ 憧れたもんだ。
なんか記者会見では「彼(ケーシー・ライバック)は攻撃されなければ
反撃しません。彼こそが正義です。」とか言ってたが、
結構アグレッシブに先制攻撃しかけてたよなぁ。
手製爆弾投げ込んだりしてさ。
基本的にセガールの攻撃ってむちゃくちゃ痛そうなんだよな。
「沈黙の戦艦」とか、悪役が観てて気の毒になるし。w

食後の運動ってコトで、セガールのマーシャルアーツをフィーチャーしてみた。
こう、フォークを逆手に持ってヒュンヒュンとな。
ヒュンヒュン。


まぁなんつーか、
「荒れ狂う居直り強盗」みたいな佇まいに見えるので早々にやめた。
おとなしく紫の野菜2パック目を飲むことにする。ノシ

category: その他の主張

cm 0   tb 0   page top

2・14 

なんだか最近では、

「どーせ菓子屋の金儲け企画でしょ~」

というスレた見方が浸透してしまったのか、
やきもきする男やそわそわする女が激減しているようだ。
どこぞの調査でも、
「そんな日、別に無くてもいいんじゃない」
ってな回答がグッと増えたらしいしな。


ケッ!!!


菓子屋の企画だったらどうだと言うのか。
策なら策、罠なら罠として、
それと知りつつもあえて翻弄され、
あまつさえ手玉にとろうとするぐらいの器量は無いのか。
誰しも若かりし頃は、 ・・といっても女性陣はどうか知らんが、
男だったらこの日だけは、仲間と離れ単独行動に明け暮れ、
「ちょっと○○行って来るわ~」とそのつど行き先を周囲に告げ、
「もう閉めるぞ~」と言われるまで教室に残っていたもんだろう。
バレンタインデーだよバレンタイン。
それをここへきて「必要ナッシン!!」と手の平返すなど、
過去の自分に大変失礼だとは思わんか。
日本男児たるもの、一度でも信じたことがあるなら、
たとえそれに裏切られ続けようが何しようが、
とことん最後まで信じ続けるべきだ!!
だからこそ当方は、明らかに下降線を辿っている2月14日であるが、
めげずに大騒ぎをしようと思うぞ。


オラアァァ!!!!!!!! (ガッシャーーーン)
ボォケエェェ!!!!!!! (パリーーーーーン)

どーゆーコトだこりゃああぁ!!!
約束が違うじゃねいか。 ←約束したの?
最新の出口調査では本命1個は固かったハズである。(当社調べ)
それがおま、なに、義理・義理・義理?

あ~あ。

あ~~~~~~~~~あ!!!!!!!!


もう何もやる気ねぇ。
明日会社休むよ俺。
明後日もその次も休むよ。
だって本命チョコ欲しかったんだもん。 甘党だし。



思うんだが、ちょいと最近の製菓各社はプッシュが足りないんじゃないか。
世論に押されて大々的な広告展開が出来ないようでは、
バレンタインデーなど廃れる一方である。
ここはやはり、従来ではありえなかった程の苛烈な扇動に持ち込んで然るべきかと。
「不特定多数に本命チョコを配ると幸せになれる」とか、
「チョコを贈らない女性は羊水が(以下略)」とかな。
だめか。 うん。 だめだな。 大問題になりそうだ。 すまん。


さて、まぁそんな感じでさんざん言いたいコト言ったら口寂しくなったので、
「きのこの山」でも食べることにする。
明日の今頃は、思い切り値引きされた売れ残りチョコを頬張っているだろうか。
そして来年に向けての当方のテーマは、
そんな「売れ残りチョコ」を見ると少し物悲しくなってしまうという
当方のハートフルな部分を、
いかにして周囲に伝えることが出来るかという所に集約されるのである。

いい奴なんすよ、本当に。 (アピールタイム)ノシ


category: その他の主張

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。