03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

曲長のムダ話online2

喋るように書く。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ペテン師と空気男 

まったく、何が「気楽にやってるんで遊びに来てください」だか。


写真

いや、サッカーの話な。

もう普通だったら見送るようなルーズボールも最後まで競り合い、
削り、削り、削りという世界。
あとでわかったのだが、両チームとも市のリーグでバリバリやってる
連中なんだそうだ。
そんなトコに当方なんぞが行って、一体どーしろと。><;

とりあえず今回はなんとか1失点で終われたのだが、
接触プレイの時に、ちと指を痛めてもうた。
今日は時間も遅いので、さしあたって湿布でも貼って寝るとしよう。

いてて
スポンサーサイト

category: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

それが、俺達のサッカー。 

そろそろ事態も沈静化してきたっぽいので書いてみるとする。

いやいやいや、最高に面白かったねぇ~
何がって、サッカーですよサッカー。
日本VS中国。

もう途中から何の競技見てるのかわかんなくなったな。w
あの中国GKのドロップキックなんか近代スポーツ史に残る名シーンですよ。
セービングというか、むしろ「アチョー」って感じだwww
その他、明らかにボールが足から離れた後に突っ込むタックルとか、
サッカーとアメフトの足し算をホッケーで割ったような、
1粒で3度美味しいプレイ内容であった。 安田は気の毒だが。
当方としては、いっそのこと日本側もブレーンバスターあたり繰り出してみて、
レッドが出るか否かの線引きをしてもよかったように思う。

で、そのティラミス級の極甘ジャッジを見せた北朝鮮の主審だが、
当方の職場のサッカー狂数人と話し合った結果、
おそらくレッドカードを家に忘れてきたんじゃないかという見解で落ち着いた。w
でもってあの主審は、正規の審判免許を持っていないと思う。
たぶん向こうでは有名なサッカー好きのオヤジなんじゃないかと。
趣味が高じてピッチに立てたんだよ。うん。w


ともかくだ、一部ではえらいヒートアップしている者もいるようだが、
まぁ冷静になりたまえよ。
中国代表、審判、観客、地元メディアと、数万人規模に膨らんだ敵を
ものの11人で吹っ飛ばしてきたんだから、もう充分じゃないか。
話のスケールとしては三国志だし。w
まぁ願わくば、6-0とか野球みたいなスコアで決着して、
グウの音も出ないほど叩き伸ばして欲しかった気もするが、
あの状態ではそこまで求められんかな。


さぁ、いよいよ次は韓国戦である。
ここでイモ引いたら今回の勝ちは何だったのかという話になってまう。
日本代表各位においては、是非とも今回の中国戦のように冷静かつ爽快な
試合運びに努めてもらいたい。 北朝鮮戦みたいなザマは勘弁だ!!


以上、岡田監督と中沢を激しく信頼している馬撥条が好き勝手ホザきました。^^ノシ
(ちなみに当方、中国側に対して何の敵意もありませんぜ。 いや、むしろおもろい。w)

category: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

私は川口になりたい。 

終業間際になって、
「対外試合なのに人数が足りないよぅ」
という救援要請が入ったので、チームのメンバー数人を連れて
行ってきた次第。
あ、サッカーの話ね。


写真


明らかに気温が氷点下近いコンディションは過酷の一言。
でもって、フタ開けてみたら対戦相手が強い強い。
当方は相変わらずのGK。
結果としては4-3で負けたんだけれども、
まぁ30本におよぶ被シュート数を考えれば、
素人としちゃよく止めた方だとは思わんか。のう。

それにしても、前々から感じてはいたが、
どうも当方は試合中の調子にムラがありすぎる。
止め始めると、
「川口。オレ川口。」
とか言いながらビシバシ止めるが、
キメられ始めると、
「森崎。オマエ森崎。」
と言われんばかりにポコポコ決められる。
実際、今日の4失点も、前半開始10分と終了前10分で
立て続けに持ってかれたしな。><
(※彼の名誉の為にフォローすると、あくまでFCゲームの時の話な。>森崎)

ともあれ、次回はこの4失点を3失点ぐらいに抑えられるよう、
マイペースに練習していこうと思う。
さしあたって・・・ 前述のキャプツバでもやるか。


ガッツがたりない!! ←なんじゃそらw

category: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

ニーズ。 

サッカーに行って来た。
発音良く言うと「施工」って奴だ。 ←意味の無い一行
別にJリーグの試合を見に行ったとかではなく、
とある会社のチームから我がチームに対戦の申し込みがあったので
市内の某所にて迎え撃ったハナシである。

もともとは、「ヒマだ!蹴ろう!」ってなノリで結成された我がチームだったのだが、
そこは流石に裾野の広いスポーツだけあって
いつしかプロ予備軍みたいな技量の連中も合流し、それなりな戦力になっている。
とはいえ、活動の主目的が「メタボ対策」であることに変わりはないのだが。w

当方は相変わらずキーパーを務め、今回は1失点であった。
まあ試合には勝ったし、いいじゃないか。
いやなに、相手チームが2トップの片方を可愛らしい女の子に代えてきましてね。
意外に鋭いシュートを打たれたもんだから、反応できなかったのよね^^b
「止めんかキーパー!!!」
「ニヤついてんじゃねえぇぇ」
そうは言うがなチームメイトよ、
あの場で猛然と止めに行くような大人げない真似は当方にはできん。
まぁ目撃者の談によれば、ニコニコして棒立ちだったらしいのだが、
当方に言わせればDF陣も一様にニコニコして棒立ちだった訳で、
つまりチームのケツ半分が、女の子の快活なプレイに「してやられた」のが
実際のところであった。

サッカーに限らず何でもそうだが、やはりそこに「華」があると違う。
その点、我がチームは男一色で非常に見苦しい。ww
帰りしなに寄ったトンカツ屋での反省会で、そのへんの話になった。

「じゃあ今度は俺のヨメ連れてくわ」

それも違うような気がするのは、独身のワガママだろうか。

category: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。