FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

曲長のムダ話online2

喋るように書く。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

激突 

他人が他人を批判していたりするのを見るにつけ、
果たして自分は大丈夫だろうかと自己診断することがある。


もうしばらく前の話になるが、ある朝、当方の管理する生産ラインの作業者から
電話連絡があった。
「すいません、今日ちょっと会社に行けません」
「おお、どしたの?」
「車こわれちゃって・・・」
「え、事故?」
「事故っていうか、動物をハネちゃって」
当初、動物というのはまたてっきり猫とかイタチとかだと思ったのだが、
なんのなんの。彼の愛車、ダイハツMOVEとタイマン張ったのは、
ラブラドールレトリバーだかの大型犬だったそうだ。
時速50km/hで走行中、進路正面の林の中から猛然と突っ込んできたという。
衝突のショックでエアバッグは開き、車のフロント周りは全壊したというから
その衝撃の凄まじさがわかるであろう。

しかしなぜ突っ込むかレトリバー。
木々の切れ間から道行く車を眺めつつ、「よし、あれなら勝てる!」とでも思ったか。
彼我の戦力差を的確に判断できず、いささかの過信をもって行動を起こすというのは
自動車VS大型犬に限った話ではなく、ロクな結果をもたらさない。
リスクとリターンを量る分銅の精巧さに磨きをかけるのは、
我々人間としても重きをおくべき生涯のテーマであると言えよう。


話は戻るが、他人が他人を批判していたりするのを見るにつけ、
果たして自分は大丈夫だろうかと自己診断することがある。

「身の程を知れ」

ふむ。
当方は充分に身の程を知り、わきまえていると自負できる。
なぜなら、
「時速50km/hで走行中のダイハツMOVEに正面から突入したりしない」
からである。
関連記事

category: 出来事

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trihead.blog.fc2.com/tb.php/1030-44c9e373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。