FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

曲長のムダ話online2

喋るように書く。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

妖星ゴラスに備えて 

こ、これは・・・


アメリカ海軍が行った電磁レールガンのテストムービー
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=398347&media_id=49


なんか「火薬を使わない」と謳っている割には、
ド派手な発砲炎が気になるがww
まったくもって無知な当方のイメージ優先になるが、
レールガンと言われて思い描くのは、なんかシュカーーーンて感じで
弾頭が射出されて、夜とかだったら全然目視できないような、
「いま何か撃った?」
て具合の隠密性がビジュアルとして浮かぶ訳だが。

ともかく、メタルギアである。w
かの作品中では、核「ミサイル」という定義をくぐり抜ける為に
射出方式をレールガンとして実用化させたと記憶しているが、
現実においてはここで見る通り、このアホみたいに大掛かりなシステムを
自走砲として運用できるようになるのはもう少し先の話であろう。


それにしても米海軍。
一体こんなモンを作って何をやらかす気だろうか。
確かに、大質量の弾頭を撃ち出すことを想定すれば、
推進力の発生の為にそのほとんどの空間をもっていかれるミサイルと違い
レールガン用の弾頭は炸薬等の搭載量として分があるように思う。
がしかし、射出機自体があの図体である以上、
言ってみれば「弾」はコンパクトで「銃」がデカいだけであり、
結局は「身動き取りづらい」といった風になる気がせんでもない。
個人携行はもとより、戦車、戦闘機の類にも実装できるかどうかは
正直アヤシイと思うので、おそらくは地下施設でも作って、
膨大な量の弾頭と一緒にモグラ生活という次世代トーチカの佇まいになるか。
「ここの施設だけで世界と戦える!!」てな具合に。

大気圏内での運用を前提とすると、弾頭に追加推進機能を有していない以上は、
射出された直後から弾頭の物理エネルギーは右肩下がりになる訳で、
超長距離だと着弾地点付近では射出直後に比べてヨレヨレになっているのは
当然である。
まぁ激しく撃墜可能速度でなければ問題は無いのだろうが。
でもなんか、もうちょっとこう、レールガンならではの利点を活かした
運用目的は無いものか・・・。
そこで宇宙である。
たとえば、地球に衝突コースで接近する天体(彗星とか)を排除する目的で
使用するとかならどうだろう。
地上に射出施設を作ると、弾頭が大気圏を離脱するまでにいささかのロスが
発生するので、
ここはひとつ、月面あたりに地球防衛用軍事施設を建設してだな、
NASAとかから制御するの。
おお、そう考えると勝手にワクワクしてくるな。ww


とまぁそんな感じで、無知なりに妄想を膨らませてみた訳だが、
もし本当に、ソッチ方向の実用化が目的だったとして、
ひとつの疑問が浮かび上がる。




アメリカ「海軍」ですよね??
関連記事

category: 時事ネタ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trihead.blog.fc2.com/tb.php/919-0a72680f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。