FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

曲長のムダ話online2

喋るように書く。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

再起動、その後に 

本日分の日記を途中まで書いて、ちと席を外して戻ってみたらば、
PC再起動中・・・
これはアレか、当方に日記の更新をさせまいとする陰謀か。
もうだめだ。>< テーマを変えるとする。


いま気付いたのだが、10月の半ばに「日記の毎日更新をする!」と
一念発起してから、すでに100日以上が経過しているな。
ううむ。 続けば続くものである。
振り返ってみれば、雨の日も、風の日も、
そんな影響は微塵も受けぬ自室をメインにぬくぬくと更新してきたのだな。
そしていまだに容量の使用状況が0.2MBってどういうコトだこりゃ。

ところで、物事が長続きしない様子を「三日坊主」などと言うが、
そう考えたら「一日警察署長」ってのもかなり飽きっぽい部類に入るまいか。
間に挟まれる形の「二日酔い」もそうだな。

逆に、三日より長い場合はどうなる。
たとえば「百日咳」は、百日間「も」咳が続くという意味において、
つまりは百日を長い期間として見ていることがわかる。
ここから導かれる見解として、
「三日より長く、百日より短いどこか」に、飽きっぽいか否かの
ターニングポイントが存在すると言えよう。
ここはひとつ、その漠然とした感覚に明解な線引きをし、
今後の人生で「飽きっぽい奴」などというレッテルを貼られることの無いよう、
確実な理論に裏打ちされた礎を確立しようではないか。
おお、ひさびさに実になる内容の気配だ。w

さて、三日より長い、か・・・
「四日市」とか「五日市」とかあるが、
あれはまさか「四日しか市を続けられない脆弱な街」という意味ではあるまい。
確か、その月の四日に市をひらいていたから、とかが名前のルーツだったと思う。

あ、「七日間戦争」はどうだ。
これは明らかに、「七日間でケリがついた戦争」という意味だろう。
転換点はまだ先のようである。
「宮沢りえはこの頃が一番よかった」とか、
「いくらなんでも戦車は忘れないだろう」といった議論はまた後日。

戦争でたどると、「一ヶ月戦争」などという言葉もたまに見かける。
確かにニュアンスとしては「七日間~」と通じるものを含んではいるが、
しかし確実にその色味は薄れていると感じる。
近い。近い気配だ。


ああ!! わかった!!!!!!!


「四十九日」だ!!! 法事の!!!
仏教で、亡くなった人が生まれ変わるとされる四十九日。
これは裏を返せば、
「もういいかげん生まれ変わっていいんじゃねぇのか」
という感覚の現われではあるまいか。 きっとそうだ。
つまりこの日を境に、死から生へ、前から後へと意識が変わるのだ。
仏教ってことで、前述の「三日坊主」との関与も疑われるし、
こりゃあキマリでしょうなぁ~~^^v


結論・「四十九日を過ぎれば長続き、過ぎなければ飽きっぽい」


さて、んじゃまそんなトコで寝るわ。
ちなみに豆知識だが、
「香典返し」は別に相撲の決まり手とかじゃないぞ。

俺だけか・・・ ノシ
関連記事

category: その他の主張

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trihead.blog.fc2.com/tb.php/926-671979cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。